持ち家の有効活用|マンション経営で人生の成功者に|策士になれ
ウーマン

マンション経営で人生の成功者に|策士になれ

持ち家の有効活用

部屋

家の傷みを防ぐ

家は人が住まなくなると早く傷んできます。人が住まない方が劣化は遅いと思う人もいるかもしれませんが、毎日換気をしたり掃除をした方が家は長持ちします。長い間使わないでいると水道管がさびてしまったり、壁紙などにカビが生えてメンテナンスをしないと住めなくなります。転勤などの為に持ち家に住めなくなった場合には、なるべく家に帰る機会を作って家の手入れをすることが大切です。度々戻れない場合にはリロケーションというシステムを利用して、家を貸すことも良いでしょう。空き家があると地域の防犯に悪い影響を与えますが、それを防ぐことができます。自分の家に盗みに入られたり放火されるのも防げます。家を貸すことで毎月賃料が入ってくるので、固定資産税などの支払いに充てることもできます。

持ち家に戻るのが簡単

リロケーションと通常の賃貸の違いは、退去時期を貸主が選べる点です。通常の賃貸だと借りている人を保護する法律があるので、貸主が退去してもらいたいと思ってもすぐに応じてはもらえません。自分の家なのに住むことができなくなります。しかしリロケーションの場合には退去してもらいたいと通達をすれば、速やかに家を明け渡してもらえます。いつでも自分の家に戻ることができるのです。ただし借主にとっては長く住むことができないというデメリットがある為、リロケーション物件は一般の賃貸住宅に比べて賃料は安く設定されます。しかし大切な持ち家を貸す為、その分借りる人に対する審査は厳しくできます。家賃の支払いに問題がないだけではなく、家の管理をきちんとして近隣の人にも迷惑をかけない人を選ぶことができます。