管理会社を見直しませんか|マンション経営で人生の成功者に|策士になれ
ウーマン

マンション経営で人生の成功者に|策士になれ

管理会社を見直しませんか

建物

空室のリスクとは

マンション管理は、マンションを建築した際に請け負った管理会社が変更されずに続いている事例が多いものです。同じ管理会社が管理をすることが悪いわけではありませんが、競争意識が働かないことによるサービス低下というデメリットが生じてくる可能性があります。マンションは、当初は全室が売却された場合でも、仕事の都合による転居や、他にもやむを得ない理由で手放す可能性があります。マンションは、それぞれの居住者からの管理費や修繕費積み立てなどを財源として運営していくわけですが、空室が増えてくるにつれてそれらの収入が減っていくことになります。しかし、空室が増えてもマンション全体の管理に係る経費が減るわけではないので、財源不足という問題が生じてしまうのです。

管理会社の大きな役割

マンションは、立地と設備、価格が大きな判断基準として売買されます。そして、入居後に重要となってくるのがマンション管理なのです。マンション管理は、入居前にはそれほど重要視されていないものの、そのマンションの管理体制によって購入を決める方も少なからずいます。特に、中古のマンションであればその傾向が顕著です。購入前に現地確認を行いますが、マンション全体が汚い、蛍光灯が切れているなどの基本的な管理がなされていないマンションは、誰も購入したくないものです。また、マンション管理の分野で高評価を得ている管理会社であれば、その管理会社のマンションを指定して購入する方もいるほどです。空室リスクはマンションにとって致命的です。空室の発生はやむを得ないのですが、管理会社の選び方で空室を埋められる可能性があることを知っておいてください。